• ミヤマ株式会社

  • RECRUITING

PEOPLE人を知る

  • 滝澤博之

    お客様から頂く「助かったよ」の言葉にやりがいを感じます

    営業職

    滝澤博之2007年入社

    Takizawa Hiroyuki

    滝澤博之

    Miyamaを選んだ理由

    私が入社を考えていた頃は、ちょうどCO2等の温室効果ガス排出量削減など、環境への問題意識が高まってきた時代だったので、私もニュースや新聞を目にする中で、環境問題への意識がありました。当社は「総合環境企業」という名のとおり、環境というテーマに対し、廃棄物のリサイクルや土壌汚染対策、環境プラントの設計・施工等、6つの分野で事業を展開しているため、お客様のあらゆる課題に携わる事が出来るのではないかと考え、入社を決めました。

    現在どのような仕事を
    していますか?

    営業として既存のお客様への定期的な訪問のほか、新規のお客様の開拓もしています。

    廃液等の引き取り物が新規物件の場合は、まずは現物確認をして、量や荷姿、排出頻度を確認し、サンプルを持ち帰って分析部門に回します。同時に工場と搬入の調整や処理方法の確認をしながら話を進めていきます。

    当社の営業はお客様の課題に対して幅広い提案ができる事が強みですが、そのためには事業内容や各種環境法規制の知識だけでなく、化学や工学等の知識があると非常に役立ちます。私は文系出身で、なかなか化学に縁がなかったのですが、基礎的な化学の勉強をしたり、客先でわからなかった事はすぐに先輩社員や事業部担当者に聞いて、営業マンとして必要な知識をどんどん吸収していきました。

    以前、排水処理で汚泥のリークに悩んでいるお客様がいたのですが、排水処理設備をそれまでの加圧浮上装置から高速沈降槽に入れ替える設備改造のご提案をして、トラブルが解消できた事例がありました。これも日々の積み重ねの結果だったと思います。この時にお客様から頂いた「いいものができたね、助かったよ」という言葉は嬉しかったですね。

    休日はどのように過ごしていますか?

    子供が3人いるのですが、まだみんな小さいので、休日はなるべく家族と一緒に過ごしたいと考えています。

    学生の皆さんへのメッセージ

    就活は本当に大変だと思いますが、自分がこれから就く仕事を決めるということは、人生においても非常に重要なことです。ぜひいろいろなことに興味をもって、体感して頑張ってください。

    滝澤博之

    ある一日のスケジュール

    8:00 出社 
    8:30 事務処理
    9:00 納品物準備
    9:30 客先訪問(分析見積もり提出)
    10:30 客先訪問(廃液引取り打合せ、サンプル採取)
    12:00 昼食
    13:00 客先訪問(新規産廃処理について商談・現物確認)
    14:30 客先訪問(納品、現場下見)
    15:30 帰社後事業部との打合せ
    16:30 客先訪問(作業結果報告)
    18:00 事務処理
    18:30 退社

PAGE TOP